« November 2001 | Main | January 2002 »

December 2001

December 28, 2001

せつないOFFだ。

谷繁が急転直下Dragons入り。頼むぜ!まあこれはいいんだが、武志のBaystars入りまで決まってしまった。武志が球団の対応に腹を立て(愛想を尽かし)移籍を直訴。球団が了承したものだ。なんだかなあ。当事者じゃないから細かいことは解らないけど、武志には谷繁と勝負して欲しかったな。若い頃だけど大石や大宮に勝ったじゃないか。この状況は落合に追い出された駒田のそれと似ている。駒田か結局Baystarsで優勝を経験したが退団時のすったもんだは記憶に新しい。武志いいの??
そうそう。Giantsから前田幸の人的補償で平松が入団。これは正直おいしい話だ。故障の状況がまだわからないが、まあ気長に治せばいい。何より平松には未来があるのがいい。岩瀬を助けて頑張って欲しい。友人がDragonsファンをやめそう。選手を大切にしないフロントに愛想を尽かそうとしている。何かせつないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2001

基本的スタンス

何だか各紙を読んでいると星野仙一はTigers監督を受けそうな雰囲気。個人的にそうなったときに自分はどうするのかあーーだこーーだ考えてみたけれど今までのスタンスは守ろうと思う。

まず、Dragonsを応援しつづけること。今回の騒動でDragonsは星野仙一を解任したわけではない。星野が個人の事情でTeamを去ったわけだからそれによってDragonsを非難すべき点は無い。(もっとも笛吹けど踊らぬ選手に愛想が尽きたと言う考え方をすればDragonsの所為なのだがそれは言い過ぎだろう)愛すべきTeamを今後も応援していこう。

星野仙一個人はこれからも応援していこう。彼はコミッショナーになるべき人材だ。それほど野球界のことを考えている。今回のこともTigersがボロボロになってしまう前に自分でできることをやろうとしている。星野仙一はTigersの監督になって得るものは何も無いであろう。名誉も冨ももう十分だ。あえて火中の栗を拾うのは男気からと考える。まあプロが考えてやっていることに素人が口を出してはいけないと言うことだ。我らの星野仙一のやることを見守ろうではないか。

この騒動が、ぬるま湯に浸りきったDragnsナインに喝を入れ、Dragonsが最強Teamとして山田監督の下、更なる前進を続けることを祈る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2001

男星野よ、どこへ行く?

夫人の脱税問題で引責辞任した野村監督の後任としてTigersは星野仙一氏に監督就任を要請。うーーん。何だかせつない。受けるのか星野!

球界全体のことを考えるのならば受けるべきなのだろう。しかし、この要請も結局岡田二軍監督を泥まみれにさせたくないと言う配慮から。外様に対する風当たりの強さは今回の野村監督を見ても明らか。星野よ!それでも行くのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2001

ウイルスばやり

最近、ウイルス入りのメールが頻繁に来る。アドレス帳に載っているメアドにウイルス入りのメールを送ると言う悪さをするウイルスで、カード系の誰かが罹ってから関係者の間で蔓延してしまいました。自分も一時外していたノートン先生を再インストール。何とか愛機を守っておりますがノートン先生が重いのなんのって困ってしまいます。まあ、普段無用心なのでいい警告にはなっているかな?

ノートン先生を入れるとシステムリソースが足りなくなる。XPに替えようか。うーーん。

ATHも大方終わってカードはFON01vol3まで一段落。某メモラビアなんかをつまんだりして、日々を過ごしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2001 | Main | January 2002 »