« blogはじめました | Main | 日本シリーズ観戦記その1(第4戦) »

September 30, 2004

神宮DRAGONS胴上げできなかったレポ

とうとうこの日がやってきた。奇しくも5年前と同じ9月30日、場所も同じ神宮、先発も同じ山本昌(予想)だ。ただ5年前と違うのはあの日気まぐれで席取りをしてくれた家内のM氏が今回は子育て中で不参加と言うこと。今から行って果たして席があるのかと言う不安に包まれながら定時に職場を出て一路神宮へ向かった。5年前はM氏は午後いちで並んでくれたのだがそれでも席はバラバラで何とか2つ確保、開始前親切な紳士が替わってくれて何とか並んで座れた。

何とか17時、神宮着。やはり席はほとんど無い。いつもとはかなり離れたバックスクリーン前に何とか席を確保、先発投手発表を待った。
v6010004.JPG

先発は何と小笠原。スライドせずの方針を守ったか、はたまたナゴヤで胴上げと願う営業へのエクスキューズか?オーダは火曜と同じ。まあショーゴーははずせない。

両投手とも初回はゼロ。2回DRAGONS渡邉、英智の中前打で1・2塁のチャンスに荒木も中前適時打で先制、繋ぐDRAGONSの野球を見せた。しかしその裏ラミレスに左翼に打ち込まれあっさり同点。今日も接戦か?

3回表1死からアレックス中前打、谷繁死球のチャンスも渡邉左飛、ショーゴー遊ゴロで無得点。なかなか追加点がとれない。4回先頭英智左前打も小笠原が2回に続きバント失敗の併殺打、いやな雰囲気。案の定その裏1死から古田安打、ラミレス四球の1・2塁から鈴木健が左前適時打。ここで小笠原KO、救援は久本。なんだかなあ、バントくらい自分のために決めろよお、小笠原あ(>_<)結局久本も土橋に犠飛を打たれこの回2失点。
5回DRAGONSの反撃。先頭井端右翼へ2塁打、続く立浪中前に適時打、バックホームの間に立浪2塁へ。アレックスの3ゴロの間にさらに立浪3塁へ。谷繁犠飛で同点。チームリーダーの果敢な走塁で流れをグッと引き寄せる。さあ後半戦!

6回からSWALLOWSは坂元に交代、胴上げ支援モードか?(失礼) DRAGONSも負けずにバルデス投入。7回はなんとここで平井投入。勝つ気満々。
v6010010.JPG

8回DRAGONS2死からショーゴー、英智の連打で1・2塁のチャンスに代打光信。スタンドは盛り上がったが初球を右飛。なかなか決められない。8回裏は岡本、もう総力戦。先頭宮本を内野安打で出したが岩村三振、古田投ゴロで凌ぐ。ラミレスを向かえたところで落合監督登場、敬遠かどうかの確認か?ラミレス勝負は裏目に出て初球右翼席にこの日2本目。2点ビハインドで9回へ。
当然五十嵐登場。先頭荒木が中前へ運び逆転勝利へ夢を繋ぐ。井端の時五十嵐暴投で荒木2進、期待が掛かるが井端三振、立浪アレックス凡退で神宮胴上げは夢と消えた。
まあ、しゃあんめえ。ナゴドで決めてくれ。ありがとうDRAGONS。
v6010011.JPG

|

« blogはじめました | Main | 日本シリーズ観戦記その1(第4戦) »

STADIUM」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/1558334

Listed below are links to weblogs that reference 神宮DRAGONS胴上げできなかったレポ:

« blogはじめました | Main | 日本シリーズ観戦記その1(第4戦) »