« 神宮DRAGONS胴上げできなかったレポ | Main | 祝!開幕 »

October 21, 2004

日本シリーズ観戦記その1(第4戦)

自分は生まれてから今まで1度だけ日本シリーズを観戦したことがある。それは86年西武ライオンズ球場で行われたLIONS対CARPの第4戦だ。CARPファンの友達に誘われて左翼席でCARPを応援した。当時はトランペットによる応援の発展期でCARP応援団はその草分け的存在だった。一人ひとりに個別の応援歌が決められていて統率の取れたCARPの応援は初めての自分でもなかなか楽しめた。そしていつかDRAGONSの応援をシリーズでしたいと考えたものだった。
LIONSとの対戦は今回で3回目。1回目の82年は浪人だったので諦めた。2回目の88年は仕事で涙を飲んだ。16年振りの今回は準備万端、今日第4戦はDRAGONSファンの友達と外野で騒ぐ。西武ドームの外野は芝生席なので場所取りに13時半に現地入りした。廻りでNHKが取材している。
明日は指定席、LIONSファンの同僚とこちらはゆったりと観戦予定。第5戦はあわよくば胴上げが見られるかと期待してチケットを買ったが現状はむしろ胴上げ阻止、帰名を目指す展開になっている。
先発予想は日刊スポーツが山井、その他が中4日で憲伸。さあ、どうなる?

----------------------------------------------------

さて先発は山井であった。大方のスポーツ紙か憲伸の予想だったが、落合監督の「先発は最初から伝えてある」という言を信じれば中4日に急になったからじゃあ憲伸とはいかないわけである。それに無理して憲伸にして負けたら追い詰められてしまう。ここは泰然と構えるのが吉と言うことか。

試合は山井vs張の先発。山井は無難な立ち上がり。自分は山井3回、小笠原2回、長峰2回、聡文2回のその他先発オールスターリレーでいいかなと思ったので山井はもっととばしてもいいと思ったが走者を出すも要所を締め味方の援護を待つ。2回リナレスがソロ。4回アレックスバックスクリーンへソロ。やはりミズノ製はよく飛ぶ。リナレス四球、谷繁左前打のあと一樹が右翼へ打ち込み大勢を決めた。結局山井は6回を零封。打線も谷繁の2点二塁打、荒木の適時打で加点。落合、平井が1点ずつ献上したが8回二死満塁の危機に岩瀬を投入、フェルナンデスを三振に斬ってとり8-2で快勝した。

明日は憲伸だろ。いや小笠原もありか。まだまだ予断を許さないシリーズである。

応援2題
・9/30もそうだったのだが関東のDRAGONSの応援団の内、関東狂龍会がリードをやめてしまった。ここには解散すると書いてあるが、本当ならとても寂しいことである。
嘘だと言ってよ佐藤さん。
・1-9に孝介追加、コール「供に戦え!孝介!」。いい感じである。

外野で騒ぐのも今季は今日で終わり。明日は内野指定で最終戦。さて、どうなる?


|

« 神宮DRAGONS胴上げできなかったレポ | Main | 祝!開幕 »

STADIUM」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/1737012

Listed below are links to weblogs that reference 日本シリーズ観戦記その1(第4戦):

« 神宮DRAGONS胴上げできなかったレポ | Main | 祝!開幕 »