« ヒトキの通信簿 | Main | 神宮空中戦は地の利無し、充、4発被弾6失点で今季初黒星 »

August 03, 2006

祝!憲伸1000奪三振、タイロン150号も最後は綱渡り。DRAGONS、空中戦を制す!

YB 7-9 D (06/08/03)

060803_2151
関東に来て連敗中のDRAGONSがウッズの2発を含む4HRなどで9得点をあげBAYSTARSに競り勝った。川上は12勝目。岩瀬は27セーブ目をあげた。


ベストオーダ・エース先発の慢心 ルーキー先発の油断 独走の驕り
昨日途中退場のタイロンも今日は何とか出場。先発は憲伸vs高卒ルーキー山口。初回2死1塁からタイロンの打球は…。あれ、あれ、どこにいったの?という感じで中堅スタンドを越えて場外へ。痛みを堪えて(と思われる)タイロンの意地の先制打。その後も一樹のHR、荒木の適時打、森野の2ランと3回までで6-0。一方憲伸は好調。4回この日8個目の三振を古木から奪るとこれが自身通算1000個目のメモリアル。憲伸だしこれは楽勝と思われたのだが…

憲伸、初安打初HR献上
5回BAYの反撃。憲伸は先頭の今売り出し中、吉村の手首に当ててしまう。かなり治療に時間が掛かり憲伸のリズムが狂う。1死後投手の代打は新沼。誰?と思うのも束の間、一閃打球は左翼中段に突き刺さった。これが新沼にとってプロ入り9年目の初安打。何だかなあ…

そして7回はメロメロ
7回BAY。1死から琢朗が粘る。2-3から3球ファールで粘られ9球目四球を許す。次の小池は、初球、真ん中の直球を弾き返し中堅越え、フェンスの一番上に当たる2塁打で2・3塁(これで失点してないのも外野の守備力によるところなのだが)。さらに金城に右翼席に叩き込まれこの回3失点で6-5の1点差。楽勝ムードが一気に緊迫した展開に。その後憲伸は狂ったように三振を奪っていたのでこの場面での集中力の欠如が惜しまれるところ。

お帰り、中里。でも…
8回DRA、1死1・3塁で憲伸に代打を出さずにエースの矜持を見せつける采配。三ゴロで英智がホームに突入も鶴岡の好ブロックにあい憤死。(これは突込みが正解、鶴岡がGJ)しかし荒木が左翼線に落とし1点追加。(ホッ)9回タイロンのこの日2本目通算150号のメモリアルアーチで点差を4点に拡げ、またまた楽勝モード。9回のマウンドにこの日登録したばかりの中里を送る。中里は148キロの直球を連発。肩の調子の回復具合を見せつけたがいかんせんストライクが入らない。1死も取れずに岩瀬にスイッチ。岩瀬は4点差ながら最初の小池の投ゴロを2塁に送り判定セーフで無死満塁のピンチ。1打同点だったが金城は遊ゴロ併殺。1失点もこれで終わればと思いきや村田が意地の右中間突破の3塁打。最後の内川を右飛に取り何とか勝利を収めた。ふーー。みんな頼むよ。

今日もドアラ
石黒広報の尽力により前日に続いてこの日もドアラ・シャオ・パオの3匹(3人?)がスタジアムに来て盛り上げていた。これはやっぱりいいよね。是非マスコットの遠征を今後も積極的にしてください。

さあ、明日からマイ本拠地神宮!3つ行くよ!!

|

« ヒトキの通信簿 | Main | 神宮空中戦は地の利無し、充、4発被弾6失点で今季初黒星 »

STADIUM'06」カテゴリの記事

Comments

観戦お疲れさまでした。
ハマスタ特有の乱戦になるとは
前半の展開からは思いも寄りませんでした。
今夜からの神宮では少し落ち着いて
ドラゴンズらしいゲーム運びを
みせてほしいと思います。

Posted by: Toshikichi | August 04, 2006 at 12:42 PM

>Toshikichiさま

前半が終わったときは今日は楽勝だなあ。
中里みたいなあ などと不届きなことを考えたのが
よくなかったようです。
今日は充vs石井一。
憲伸の防御率が2点台になってしまったので
充に頑張って欲しいところですね。

Posted by: YasP | August 04, 2006 at 12:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/11256589

Listed below are links to weblogs that reference 祝!憲伸1000奪三振、タイロン150号も最後は綱渡り。DRAGONS、空中戦を制す!:

» ウッズ2発で150号、楽勝一転、ヒヤヒヤの勝利! [ドラゴンズスタジアム]
8月に入って連敗を喫し、 まだ勝ち星がないドラゴンズ。 絶対に負けてはいけない横浜との第3戦は、 エース・川上憲伸を先発に立てました。 いくつかのメモリアルが達成されたゲームは、 終盤、思わぬ方向へと展開が変化していきました。... [Read More]

Tracked on August 04, 2006 at 01:12 PM

« ヒトキの通信簿 | Main | 神宮空中戦は地の利無し、充、4発被弾6失点で今季初黒星 »