« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 31, 2007

ヒトキの通信簿 日本シリーズ編1試合目

日本シリーズ1試合目 評価 ◎ 90点 (total90/avg90.0)
07/10/31 vsF ナゴド 0勝0敗1S

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績     1  3  13  0  0  2  0  0  0  0.00 S 

打者  田中賢 稲葉 高橋
結果  三振  三振 遊ゴ
備考  9回当初

シリーズ初登板も岡本の好投で回跨ぎ無し。内容も完璧の皆殺し。日本一まであと1つ。GJ!

「今シーズン一番良かったと思います。今日のような試合展開なら必ず(登板は)あると思っていたので投げることだけを考えていました。ここまで来たら名古屋で決めたいという気持ちはあります。たくさんの声援が自分の力になりますので明日も応援よろしくお願いします!」 (公式HP)


| | Comments (0) | TrackBack (9)

October 20, 2007

素晴らしきパンチアウト!DRAGONS、勝ちっ放しで日シリ進出決定!

G 2-4 D (07/10/20)Image131 
 
DRAGONSがウッズの3ランと谷繁のソロで取った4点を中田-岩瀬のリレーで2点に抑え3連勝。クライマックスシリーズ優勝を果たした。DRAGONSは27日から行われる日本シリーズでFIGTERSと対戦する。


先発中田
またまた予想を裏切り先発は中田。山井可哀そう…。でも、3連勝狙いだから当然だよね。我々が甘かった。反省。

井端死球からタイロン一発
中田、2回二岡に一発喰う。まあ昨日と一緒。4回表DRAGONS、1死から井端左肘に死球。治療に一旦ベンチに下がる。井端の闘志で打線に火が点く。森野中堅に単打。で、タイロンが2-3からの6球目、右翼席に打ち込む逆転3ランだ。毎度素晴らしい一撃。本当にタイロンと東ド、相性がいい。

スンヨプ睨んで騒然
4回裏GIANTS、谷四球、暴投の無死2塁から小笠原右翼フェンス直撃の単打で1点返し2-3。中田、相変わらず荒れ気味。続くスンヨプへの2球目、頭部に近い危ない球。スンヨプよけるが中田を睨みつける。これにタイロンが怒り、猛然とスンヨプに突撃、GIANTSの一塁コーチが止め、両軍入り乱れる状況となる。結局、その場は収まったが、その後の打席からタイロン、スンヨプともに敵ファンからブーイングの嵐となった。中田は意気に感じてか4人から3三振奪いその後は抑えた。まあよし。

シゲ一発
その後、試合は膠着するが7回、シゲに待望のHR。完璧に捉え左翼席に運んだ。短期決戦では本当に頼りになる。シゲさまさま。

そしてヒトキ
8回中田続投。先頭谷を出したが小笠原を気迫の投球でねじ伏せる。スンヨプ死球(すまん)二岡三振で阿部を迎えたところで今日もヒトキ登板。阿部を三振に獲り今日も零封。毎日頭が下がる。まさに神。

胴上げはお預け
9回裏GIANTS、先頭代打大道が左前に運び代走古城。次打者ホリンズの当たりは上田、藤井、井端の中間くらいに上がる小飛球。これを上田よく捕るが、なんと古城飛び出していて併殺。痛いボーンヘッド。最後の打者木村拓を三振に取り試合終了。DRAGONSが3連勝でクライマックスシリーズ優勝を飾った。一部新聞ではビール掛けは無しだが胴上げはやるような書かれ方だったので期待したが、胴上げは日シリまで取っておくとのこと。わかった。待つぞ。たのむぞ、DRAGONS!あと4勝だ!

次はアジアシリーズ?マジだよ。まあ日シリ終わったら総括します。日シリもがんばれ!DRAGONS!!

| | Comments (2) | TrackBack (7)

ヒトキの通信簿 CS編4試合目

CS4試合目 評価 ◎ 80点 (total315/avg78.8)
07/10/20 vsG 東ド 2ステージ 0勝0敗3S

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績  1 1/3 4  14  1  0  2  0  0  0  0.00 S 

打者  阿部       大道 ホリンズ 木村拓
結果  三振       左安 左飛   三振
備考  8回2死1・2塁   9回

今日もおなじみ回跨ぎの3連投。良くがんばった。脱帽。

「何とかして勝ちたいという気持ちがありました。ホッとしました。こういう試合ですからね。もちろん準備はしていました。今は、ゆっくりさせてください…。残りは最大で7試合ですからね。」 (名古屋日刊)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2007

CS4連勝で日シリ王手!DRAGONS、連打でGIANTSを圧倒!!

G 4-7 D (07/10/19)Image119_2 
 
DRAGONSが前半は下位と1・2番の連打で、後半は李の長打で加点し7得点。これを川上-岡本-岩瀬がホリンズのHRなどの4点に抑え逃切り連勝。日本シリーズ進出まであと1勝と迫った。
 


先発憲伸
山井の予想を今日も裏切り先発は中5日で憲伸。一方GIANTSも高橋尚ではなくて木佐貫。DRA強気、GIANTS弱気か?高橋由が欠場。この期に及んでGIANTSは悔いが残りそう。

2死から3連打、4連打
1回裏GIANTS、2死から小笠原、スンヨプが右前に運ぶ。二岡の打球も右翼ギリギリのフェンスに当たる適時2塁打でGIANTS先制。今日は憲伸立ち上がり悪し。2回表DRAGONSも2死からシゲ、憲伸連打。荒木も右前に運ぶがシゲ突っ込めず満塁。3安打で零は格好悪いが井端の一打は緩い遊ゴロ。二岡とって二塁へ投げるも荒木の足が速くセーフ。シゲ生還で同点に追いつく。よっしゃ!

見事!アライバ劇場
2回裏GIANTS先頭脇谷の当たりは2遊間、荒木よく追いつき振り向きざまに投げるも送球が逸れセーフ。荒木に失策が付く。続くホリンズは井端への緩いゴロも井端、荒木に素早い送球で併殺。ナイス。続く木佐貫の打球は再び荒木の左、荒木身体を伸ばして取ると井端にトス、井端送球し間一髪アウトのスーパープレー。この1イニングでアライバ劇場堪能。みんな乗ってるね。

シゲ、憲伸また連打!そしてアライバ!
4回表DRAGONS1死からシゲ中前へ。憲伸送りの体勢から一転強攻。前進の小笠原の右を抜け1・2塁。ここでノリノリの荒木が左中間奥に打ちDRAGONS勝ち越し。なお、2・3塁から井端の打球は左翼谷の左へ。谷よく飛びつき好捕するも犠飛となり1点追加。これで1-3、よーし、いいぞ。

ビョンギユ一掃!シゲ4本目は適時打!
立ち直った憲伸。走者を出すも併殺に取り2回から6回まで零を重ねる。迎えた7回表DRAGONS、タイロン左中間へ。打球が上がらず2塁打。今日2三振のノリが送り、これをスンヨプが3塁へ投げ野選となり1・3塁。ビョンギュに期待が掛かり、狙い撃ちがはじまる。ここで、ビョンギュがやってくれました。中堅越えの3塁打で2点追加。さらに代打タツで追加点を狙うがタツは高いバウンドの遊ゴロで走者動けず。しかし続くシゲがこの日4本目の安打を中前に弾き返してこの回計3点、1-6とGIANTSを突き放す。よーし。

今日も8回岡本、今日もヒトキ
7回裏GIANTSは1死から阿部、脇谷連打の後ホリンズがバックスクリーンに叩き込み再び2点差に戻す。うー、憲伸の替えどころが難しくなる。結局、憲伸は7回までで8回マウンドに上がったのは今日も岡本、昨日の雪辱を期待したいところだが1死から小笠原に粘られ四球。スンヨプを左飛に打ち取ったところで今日もヒトキが回跨ぎで登場。二岡を右飛に打ち取った。よっしゃ!!

ビョンギユ、上原にとどめ
負けられないGIANTSもTIGERSの轍を踏まないために8回豊田、9回上原をマウンドに送る。(延長になったらどうするんだろう?)で、その上原を9回、ビョンギュが捕らえた。中堅横に打ち込むHR。これで本日7塁打、3打点。見事、ビョンギュ!きっと多くの人が心の中で謝ったに違いない。ありがとう、ビョンギュ!

さあ、次、決めよう!先発は?山井?中田?もう読めないね。

ところで、日シリは札幌になったので、このCSで今年の観戦は終わりか?いやいや、アジアシリーズがある。まだまだ行くぞ!気にせず決めろ!DRAGONS!!

| | Comments (2) | TrackBack (6)

ヒトキの通信簿 CS編3試合目

CS3試合目 評価 ◎ 70点 (total235/avg78.3)
07/10/19 vsG 東ド 2ステージ 0勝0敗2S

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績  1 1/3 5  17  0  0  0  1  0  0  0.00 S 

打者  二岡      阿部 矢野 ホリンズ ゴンザレス
結果  右飛      四球 捕邪 二飛   遊ゴ
備考  8回2死1塁   9回

今日も回跨ぎ。このパターンでポストシーズンは行くのか?それにしてGJ続きだ!

「いつもと同じように、1球、1球を大事に投げているだけです」 (名古屋日刊)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2007

ヒトキの通信簿 CS編2試合目

CS2試合目 評価 ◎ 100点 (total165/avg82.5)
07/10/18 vsG 東ド 2ステージ 0勝0敗1S

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績  1 2/3 5  18  0  0  3  0  0  0  0.00 S 

打者  矢野 ゴンザレス   大道 高橋由 谷
結果  右飛 三振      三振  三振  投ゴ
備考  8回1死1・3塁     9回

今日も岡本をリリーフで回跨ぎ。でも、関係なし。GJ!

「(ブルペンで登板の)イメージはしていました。シーズンはトータルだけど、短期決戦は勝たなければいけないですからね。(日本シリーズ進出へあと2勝に迫ったことに)もちろん、投げるつもりでいます。」 (名古屋日刊)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 16, 2007

観戦予定 CS

よっしゃ!チケットゲット!

10/19(金) vsG 東ド
10/20(土) vsG 東ド
10/21(日) vsG 東ド
10/22(月) vsG 東ド

第2戦以降観戦予定。席が全部600番代でいつもはGIANTSレフト応援席のところだが文句は無し。今年の東ド成績(3勝6敗)とか憲伸の観戦成績(1勝3敗)とか健太の観戦成績(0勝3敗)とかもう全て関係なし。1つ1つ勝つだけ!頑張れ!DRAGONS!!

追記:ご存知のように10/20の試合でDRAGONSが優勝、CSは終了しました。観戦は2試合でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2007

ヒトキの通信簿 CS編1試合目

CS1試合目 評価 △ 65点 (total65/avg65.0)
07/10/14 vsT ナゴド 1ステージ 0勝0敗1S

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績  1 2/3 5  13  0  0  1  0  0  0  0.00 S 

打者  檜山 野口   関本 矢野 鳥谷
結果  中犠 遊ゴ   三振 三ゴ 二ゴ
備考  8回1死3塁   9回

8回岡本を救援も犠飛を打たれ失点、9回は皆殺し。まあ、結果よし。東ドでも頼むぞ!

「ここまで来たら点差とかは関係ない。何としても勝ちたかった。とりあえず一山越えた」 (共同通信) (名古屋日刊)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 07, 2007

最後は4失策!DRAGONS、クライマックスに不安残しレギュラーシーズン終了!

YB 6-4 D(07/10/07)Image115 
DRAGONSは1-2で向かえた4回裏、谷繁、ウッズの失策で3失点で逆転され、さらに8回にも井端の失策から2点を失うなど精彩を欠き6失点。9回クルーンに3連打を浴びせ追い上げたが届かず6-4と敗戦。クライマックスシリーズに守備面の不安を覗かせた。


先発健太、良太スタメン
先発は予定通り健太。今日はこの後山井の登板もある。タイロンが歩かされることが想定されるため打点の欲しい森野を5番。3番には良太が左翼で抜擢。なかなか良い感じ。

井端残念
打率3割には3-3が必要な井端。初回簡単に打って中飛。これで3割への夢は(おそらく)潰えた。まあ、今年もよくやった。まだまだ続く今季を最後までがんばれ!井端!

タイロン勝負も三ゴロ、森野は一発
村田は第1打席四球だったが2回表、タイロンと勝負するBAY投手陣。しかし結果は三ゴロ。タイトルが遠のく。森野は走者無しから意地の一発であと4打点。遅々とした前進。平田今日はクリーンヒットを中前へ。でも盗塁死。まあ、なかなかうまくはいかない。

良太死球で交代、平田のときに暴投
4回表、先頭井端四球、で新井は死球を受け退場、チャンスを活かせず。タイロン好機だが三振。気持ちに焦りがあり自分の打撃が出来ない。CS大丈夫か?3打点の好機なのに森野は二飛でこちらもうまくいかず。ビョンギュの三ゴロを村田失策で満塁。でさらに平田のときに暴投で1点追加。平田はどうもこういう星回りのようだ。

健太3回、山井2回
健太は早くも3回で降板。4回から山井登場だが、この回はボロボロ。吉村中安、盗塁をシゲ悪送球で3塁へ。1死後内川同点打。藤田四球、高崎送った2死2・3塁で野中の一ゴロをタイロンが弾いてさらに2失点。何だか締りがない。初回の失点も健太の拙守絡み。どうすんの?こんなんで?

森野コツコツと
6回タイロンやっと右前へ。森野が左翼線を襲い一走タイロン良く走り長躯生還。これでまた1点、あと3点。でもさっき打っとけばね。まあ、何度も書くが今年はこんなものか…

井端失策、ヒトキ打たれる
8回裏はこれも調整でヒトキがマウンドへ。先頭藤田遊ゴロを井端が悪送球。で、あとは今日は2四球も出して最後、金城に中堅を抜かれ2失点。本当に締まらない。これも調整なのか??CSが思い(以下略)

最後は祭りだが…
9回、公式戦最後の攻撃なので今年も祭り。正調版イントロ付き燃えドラに始まり平田の猛打賞となる3安打目が出るとチャンテメドレーに突入。シゲ四球、代打ノリ適時2塁打と怒涛の波状攻撃にクルーンも仰天。去年ならこのまま逆転まで繋げたのだがそこは今年。荒木投ゴロ、井端には代打柳田(井端は大丈夫なのか??)で三振。最後の藤井も三ゴロで試合終了。何とも締まらない最終戦となった。

昨日もそうだが、今日も外野は混んでた。みんな胴上げを見たかったに違いない。ファンの期待には日シリで是非応えて欲しい。さて、13日からはクライマックス第1ステージ。DRAGONSは再び関東に戻ってこられるのか?でも、期待してます。この制度をぶっ潰すために、がんばれ!DRAGONS!!

総括はCS、日シリが終了後にします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ヒトキの通信簿 61試合目

61試合目 評価 × 30点 (total3730/avg61.1)
07/10/07 vsYB 横浜 今季 2勝4敗43S3H

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績     1  6  27  1  0  0  2  2  2  2.44 

打者  藤田 呉本 野中 相川 金城 村田
結果  遊失 四球 投併 四球 中2 三振
備考  8回当初

調整登板だが何だかメロメロ。先頭藤田の失策は致し方ないが次打者四球は今季無い型。野中のバントをうまく併殺に取ったのだがまた相川に四球。あげく金城に中堅を抜かれた。村田と勝負したかったのか??

まあ、これでレギュラーシーズン終了。今年もありがとう、ヒトキ!CS、日シリもがんばれ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2007

中田−小笠原零封、平田初安打、ノリ満弾で快勝!DRAGONS、神宮最終戦を飾る!

S 1-8 D(07/10/06)Image11400 

DRAGONSは初回、ウッズの適時打、平田のプロ入り初安打で3点先制、その後も中村紀の代打満塁HRなどで計8得点。投げては中田−小笠原が8回零封する活躍を見せ快勝した。


 
 
先発中田、平田、柳田スタメン
神宮最終戦、先発はローテ通り中田、最多奪三振にあと11個と迫る。今日も平田スタメンだが藤井に替えて三塁で柳田が先発。チャンスを活かせるか?

井端四球、森野遊ゴロ、タイロン適時打
初回荒木凡退の後井端粘って四球。井端はシーズン3割まであと7打数4安打必要だがここはチームのため。森野はあと5打点で100打点。ここはHRが欲しいところ。すると井端が盗塁、単打で打点が稼げる状況を作ってくれた。が、残念ながら森野は遊ゴロ。打点上げられず。タイロンはHR王狙い。強振するも右翼越えの適時打。みな次善という感じ。うーむ。

平田プロ入り初安打
4日に一軍昇格即先発で4-0だったが最終打席、死球でプロ入り初打点を記録した平田。今日は初回2死2・3塁の好機に二塁の頭上を何とか越える適時打でこれがプロ入り初安打。最初は形より結果が大事。よっしゃ!

中田、奪三振王への道
中田は初回・2回に1個ずつ、3回に3個、4回に1個と順調に奪三振を重ねる。見ているほうも安打はかまわないからアウトは三振でとれという何だか変な応援に変わっている。5回も2個積んで計8個、トップのGIANTS内海まであと3個だ。いいぞ!

ノリ代打満弾
6回表、井端中前へ。また盗塁で森野。しかしここも一ゴロ進塁打。タイロン四球の1・3塁からビョンギュ右前に適時打。今日は中押し打が出た。平田三振で代打タツ。代打打点記録にあと3と迫る。ここは適時打が欲しいところだが四球で満塁。ここで代打ノリが左翼ポールに当てる代打満弾で勝負あり。さあ、あとは中田の三振と思った矢先代打上田。うー、今日の予定は5回だったのね。まあ、調整が主目的だから致し方ないが、もう少し見たかった。残念。

嗚呼、個人記録
結局平田の初安打は出たが、井端の3割は明日3-3なら達成と苦しくなったし、森野あと5打点、タイロン一発でず村田に1差。(村田は引退登板の佐々岡から打った)タツもあと3打点と達成はどれも危うい様子。まあ、これも今年らしい結果か。

代打オレに左翼席も歓声
Image110006回から登板の小笠原、無難にこなしたところで7回先頭に「代打オレ」、古田の打球は遊撃横を襲い井端動けず左前へ。このあたりから試合というよりイベントへ。そのまま守備につき9回の2打席目、平井から今度は文句なしで3遊間を破る安打。1死後青木の3塁への内野安打を森野が一塁に悪送球して古田生還。得点を増やした。古田よ。ご苦労様。また、やろうや。待ってるよ。

というわけで調整はうまくいってるんだかいないんだか。明日公式最終戦。どうなる??

| | Comments (1) | TrackBack (3)

October 05, 2007

ヒトキの通信簿 60試合目

60試合目 評価 △ 60点 (total3700/avg61.7)
07/10/04 vsC ナゴド 今季 2勝4敗43S3H

           回 打 球 安 本 振 四 失 責 通算
今日の成績   1/3  2  12  1  0  0  0  0  0  2.17 ○

打者  山崎 アレックス
結果  中安 遊ゴ 
備考  12回2死走者なし

ナゴド最終戦に顔見せ登板。安打を許したが零封。セーブあげられずタイトルは藤川に。まあ、よく投げたので悔い無し。

「セーブがつく場面ならよかったんですけど、あと1人の場面でいくかと言われたので、いきました。(タイトルを逃したのは)仕方ないです。クライマックスシリーズで頑張ります」 (名古屋日刊)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2007 | Main | November 2007 »