« ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編1試合目 | Main | ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編2試合目 »

November 09, 2007

DRAGONS、足攻で雪辱!井端4打点でシリーズ初勝利!

L 2-4 D (07/11/09)Image144 
 
DRAGONSはチャイニーズ・タイペイ代表の統一ライオンズと対戦。先発の朝倉が6回2失点と好投。打線は荒木が3安打2盗塁、井端が4打点と活躍。2-4と競り勝ちシリーズ初勝利をあげた。


 
先発健太、ノリ一塁、会長DH
今日の先発は健太。オーダは少し替えてノリが一塁。6番DH会長、7番公冶、8番シゲで9番中堅に藤井を起用。守備を固めてきた。まあ、昨日の守乱を思えば当然か。

3分で1回終了
初回、先発の潘威倫にあっさり三者凡退。所要時間は何と3分。今日も苦戦模様。

好機に公治併殺
2回表、1死からビョンギュ二塁強襲でシリーズ初安打、会長も左前に運びスタートを切っていたビョンギュ3塁へと先制のチャンス。ここで今日も先発起用の公冶だが引っ張った打球は三ゴロ併殺。うー、若手はこういうときこそ最低限の仕事はして欲しいところ。いかあん。

2回2安打1失点、今日も劣勢
2回裏、1死2塁から7番郭岱琦の打球は右翼の右へ。ビョンギュ捕ってバックホームも間に合わずライオンズ先制。その後は荒木やノリの好守に助けられ抑えたが今日も劣勢。うーーむ。

シゲ右前から足で捥ぎ取る
3回表先頭好調シゲ右前。藤井送れず走者入れ替わり。藤井盗塁で1死2塁。荒木の打球は遊撃へ。これを許聖傑が弾いて1・3塁。さらに荒木盗塁で2・3塁から井端の二ゴロで藤井生還。DRAGONS、みごとな足攻で1点を返す。流れがこちらに。

死球失策単打儀飛
5回、シゲに死球。藤井の三ゴロをブリトーが悪送球で1・2塁。荒木三週間で満塁から井端が今度は左翼へ犠飛
で勝ち越し。1安打で追加点。効率良し。

アライバでさらにもぐ
7回、シゲ四球。藤井送れず三ゴロで走者入れ替わり。(どこかで見た光景)で藤井、盗塁を試みるもアウト。一人でいくつアウトになるのか(T.T) が、ここから荒木が魅せる。高いバウンドの打球は二遊間を抜ける。すかさず盗塁。井端の打球も高いバウンドの二ゴロ。井端懸命に走りセーフ。で、この間に荒木ホームを突きセーフ。二人の足技で追加点をさらに捥ぎ取った。すばらしいプレー。

最後も井端
9回、公冶の初安打、シゲ送る。代打タツ四球、荒木右前に運び満塁から再度再度井端が中堅に犠飛。これで井端はこの日全打点の4点目。素晴らしい活躍。森野、ノリが未だ無安打で気になるところだがまあ良し。

ヒトキ盤石
9回裏はシリーズ初登板のヒトキ。これも磐石の投球で初セーブ。とりあえず星を戻した。よっしゃ。

シリーズの行く末はまだ予断を許さないが最後まであきらめずにがんばって欲しい!
「見せろ、落合、アジア一!」

|

« ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編1試合目 | Main | ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編2試合目 »

STADIUM'07」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/17026344

Listed below are links to weblogs that reference DRAGONS、足攻で雪辱!井端4打点でシリーズ初勝利!:

« ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編1試合目 | Main | ヒトキの通信簿 アジアシリーズ編2試合目 »