« ヒトキの通信簿 39試合目 | Main | そして夏は来た »

August 03, 2008

中田、小笠原に痛恨の被弾。タイロン最終回注文通りの併殺打。

D 2-4 G (08/08/03)Image281
AS後ペナントレース再開。DRAGONSは先発中田を立てGIANTSを本拠地ナゴヤドームに迎えた。中田は6回まで1失点と粘ったが7回木村拓に勝ち越し適時打を打たれた直後、小笠原にダメ押し2ランを右中間に打ち込まれた。打線はグライシンガー-クルーンのリレーに2点に抑えられ後半開幕を飾れなかった。
 
先発中田グダグダ気味、ノリ一発
先発は昌ではなく中田。後半柱として期待するチームの姿勢が伺われるが内容はグダグダ。3回まで4安打1四球3死球と走者を出しては苦しい投球。よく1失点で済んだものだ。初回ラミの適時打で1点失った直後、ノリが左中間に3打席連続となる同点HR。見事ノリ。頼りにしてます。

中盤は膠着、7回中田的失点
中田、中盤は立ち直り走者を出さない投球。味方の反撃を待つもDRAも打てない。5回無死1塁でバント出来ない一樹はこれでいいのだろうか?などと思っていると7回中田捕まる。1死から鈴木尚2塁打、木村拓の左前で鈴木突入。楽勝アウトのタイミングだったが送球が低く跳ねシゲしっかり捕れず鈴木生還。直後、気落ちした中田は小笠原に痛恨の被弾。ここで抑えるのが主戦投手。頼むよ中田ああ。

若手達の明暗
1-4になって一転育成モード。一生を8番に入れ8回プロ入り初打席。で、早速左翼線にプロ入り初安打。ここで代打は直倫。期待が掛かったが三振。残念。井端の左中間への当たりも鈴木尚が背走して好捕。鈴木はデラロサの右中間の当たりも好捕していてこの回二つ目、のっているぞ。9回は長峰、1安打1四球の1死1・2塁、ラミを迎えたところで救援中里。ここが見せ場なんだけど四球で小林に交替。小林は由伸を併殺に捕り結果を出したが何だかなあ。中里にはここで一本立ちして欲しいところだが結果を出せないんだよなあ。浅尾に一歩も二歩も遅れている。

あまりにも想像通り
以下まだナゴド無敗の自分の最終回の妄想。
1-4かあ、3点差でクルーンだな。走者さえ出せば不安定だからまだ勝ち目はあるぞ。2番からかあ。平田とノリが出てタイロン3ラン?いやタイロンはちょっと苦しいか。和田か6番代打公冶で一気にサヨナラHRもあるかも。とにかく走者を貯めることだな。代打タツかあ。ここは四球だ。よし!良く選んだ。ノリ続け。ボール球振るなよ。よし!追い込まれてから良く右前に運んだ。ここでタイロンかあ、ホームラン打たないなら三振で次に続けてくれ。走者がいればまだ何とかなる。頼むから併殺打だけは許してくれ。えっ、おい、何するんだ。あーーーーー…

絶句


あー、わざわざ遠征して負けると応える。ナゴド初敗戦。まあしゃあない。月末の甲子園は勝って欲しいけど…

|

« ヒトキの通信簿 39試合目 | Main | そして夏は来た »

STADIUM'08」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/42052340

Listed below are links to weblogs that reference 中田、小笠原に痛恨の被弾。タイロン最終回注文通りの併殺打。:

« ヒトキの通信簿 39試合目 | Main | そして夏は来た »