« ヒトキの通信簿 CS編4試合目 | Main | DRAGONS粘りきれず、1勝2敗1分でCS終戦 »

October 24, 2008

熱闘12回、DRAGONS食い下がるも痛い引き分け

G 5-5 D (08/10/24)Image411
 
5-4とリードされた9回表、DRAGONSは守護神クルーンを攻略して同点に追いつくも試合は延長に。12回終了引き分けとなりDRAGONSは先発川上の大事な試合を取れなかった。対戦成績は1勝2敗1分となり残り試合1敗も出来なくなった。
 

先発憲伸
DRAの先発は中5日で憲伸。前回もTIGERSを力でねじ伏せてくれた投球を今日も期待。ここぞと言うときはチームに勝利を齎してきた憲伸。今日も頼むぞ!!

鶴岡に一発
が、3回ここまで不気味な存在の鶴岡にバックスクリーンへ打ち込まれる。うーむ、厳しい展開。

和田逆転弾、井端シゲ連打でもう1点
しかし、今日は打線も憲伸を盛り立てる。4回1死1塁から和田が右翼席へ逆転2ラン。さらに井端シゲが連続2塁打でさらに1点追加と内海を攻める。シゲはこれがCS初安打。いいぞ!

憲伸、6回捕まる、2死奪るもスンに逆転3ラン被弾
援護を貰い4,5回と好投した憲伸が6回捕まる。代打木村、亀井に連打され無死2・3塁。迎えた脇谷の打球は遊ゴロ、これを井端が悪送球気味で適時内野安打で1点差。小笠原の初球予想外の重盗で1死2・3塁。小笠原一ゴロ、ラミの右前の飛球は荒木が背走しながら捕る超美技で2死。あと1人だったのだがここでスンに逆転3点弾を左中間に打ち込まれてしまった。これで5-3。DRAGONS追い込まれる。うーむ。

タイロン、豊田から追撃弾
8回DRA。タイロンの打球はライナーで右翼席下段に突き刺さる。CSでとにかくタイロンのソロが多く出ている。これで1点差。さて。

クルーン再登場、ノリに死球退場からシゲ同点打
9回GIANTSはマウンドにクルーンを上げる。先頭因縁のノリ。2-2からの8球目、内角高めの直球がノリの手首を直撃。その場に倒れるノリ。何とか立ち上がったが退場で代走英智。ここでGIANTSはクルーンをさっさと引っ込め救援山口。スクランブル登板に襲い掛かり井端送り先程初安打のシゲが適時2塁打で同点に追いついた。イケイケの場面だったが代打タツ、ビョン倒れ同点止まり。クルーン再度攻略も止めさせず。惜しい!

12回好機も英智三振
11回2死1・3塁の好機もビョン凡退。12回2死1・2塁も英智三振と攻めきれず。ここで一樹との意見もあるが前日のノーカンな三振を見るとさっき出塁している英智の方が期待できたんだけどねえ。これでこの日の勝ちは無くなった。うーむ。

最終回健太登板
12回裏は前日2回KOの健太。ここはサヨナラ負けには出来ない大事な場面。健太は何とか踏ん張り零封。引き分けに終わった。

引き分けは負けではない
CSのルールで3勝3敗1分のときは上位のGIANTSの勝利となるのでこの引き分けは敗戦に近い。これでアドバンテージを入れて1勝2敗1分となった。残り3試合DRAは2勝1分以上の成績でないと日シリには進めない。しかし負ければ3連勝しかなくなっていた。負けと引き分けはやはり違う。明日チェンが明後日吉見が勝てばDRAにまだ勝ち目はある。最後まで勝利を信じて頑張れ!DRAGONS!!まだ勝機はあるのだ!!

|

« ヒトキの通信簿 CS編4試合目 | Main | DRAGONS粘りきれず、1勝2敗1分でCS終戦 »

STADIUM'08」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55739/42893802

Listed below are links to weblogs that reference 熱闘12回、DRAGONS食い下がるも痛い引き分け:

« ヒトキの通信簿 CS編4試合目 | Main | DRAGONS粘りきれず、1勝2敗1分でCS終戦 »